シミを消したい 薬

MENU

シミを消したい 薬|シミ取り薬として評判の小林製薬「ケシミン」についての情報です。

「できてしまったシミを消すための薬といえば?」という質問をしたとき、多くの人が小林製薬から発売されている「ケシミン」をあげると思います。

 

これは、私の周りにいる人たちに聞いたときもそう。
ほとんどの人が「それはケシミンでしょ」と答えたのです(^^;)

 

 

 

確かに、「ケシミン」といえば、大手製薬会社「小林製薬」があまりにストレートなネーミングで販売したシミクリームだけに、たくさんの人たちがその存在を認知しています。

 

その名の通り「シミを消す」と思っているわけですね(#^.^#)

 

 

しかし、これにはいくつかの誤解が含まれています。
それは・・・

 

  • 「薬」と思われているが、実際は「医薬部外品」であり「医薬品」ではない
  • できてしまったシミを消す効果はそれほどなく、シミ・ソバカスを予防する効果の方が高い
  • シミだけでなく、肌荒れやニキビ、あせも、しもやけに対する効果もある

 

つまり、厳密に言うと、「ケシミン」はシミを消す薬ではないということなんです(゚д゚)!

 

ケシミンの効果とは?

なぜ「ケシミン」がシミを消す薬ではないのか?というと、主に配合されている成分が「ビタミンC]と「ビタミンE」だからなのです。

 

ビタミンCといえば、できてしまったメラニンに対して少し還元作用を発揮するのですが、その効果は「漂白成分」といわれるハイドロキノンとは比べ物にならないくらい小さなもの。
メラニンの生成を抑制する効果の方が断然強いのです。

 

 

そしてビタミンEは、血行を促進させ新陳代謝をアップさせる成分です。

 

つまり、ケシミンは、できてしまったシミを消すというよりは、予防的美白効果の高いクリームなのです。

 

ケシミン

 

このあたりのことは、ケシミンの箱に「効果効能」としてはっきり記載されています。

 

【ケシミンの効果効能】
メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ。肌あれ。あれ性。あせも・しもやけ・ひび・あかぎれ・にきびを防ぐ。
皮ふをすこやかに保つ。肌を整える。皮ふにうるおいを与える。日やけ・雪やけ後のほてりを防ぐ。肌をひきしめる。

 

「ケシミン」というネーミングなだけにシミを消すと思い込んでいる人が多いようですが、上記のようにあくまでもメラニンの生成を抑える役割を担っているもの。
そして肌荒れ全般に効果を発揮するクリームなのです。

 

シミを消す薬 ハイドロキノンクリーム

では、本当の意味で「シミを消す薬」とは、どのようなものでしょうか?

 

それは、医師の処方なしでは購入することのできない濃度のハイドロキノンクリームです。

 

市販品では1〜4%の濃度のハイドロキノンクリームや、医薬部外品の配合化粧品が販売されていますが、薬とはそれ以上の濃度のもの。
医師の処方が必要な5%以上のハイドロキノンクリームのことなのです。

 

 

但し、5%以上の高濃度のハイドロキノンは、肌に刺激となることが多い為、ピリピリ感や赤みが出ることがあるといわれ、敏感肌・乾燥肌の人にはあまりおすすめできるものではありません。

 

まして、以前NHKの情報番組「あさイチ!」で紹介されていたように新陳代謝促進薬「トレチノイン」と併せて使われる場合には、より副作用が出やすくなるといわれていますので、肌の弱い方は使用しないようにした方がいいですね(#^.^#)

 

 

それでも、こちらでご紹介しているような低濃度のハイドロキノン配合化粧品では「何だか物足りない」という人もいらっしゃるかもしれません。

 

そういった場合は、ハイドロキノンが4%配合された「透肌美活セット」を試してみて下さい(*^-^*)

 

シミを消したい 薬

 

この「透肌美活セット」は、トレチノインの代わりに高濃度のビタミンCを併せて使うシミ取り化粧品セットです♪

 

 

医師の処方が必要な薬まではいらないけれど、配合されているハイドロキノンの濃度が1.9%のビーグレン「QuSomeホワイトクリーム1.9」よりもっと濃いものを使いたい・・・という場合におすすめです(#^.^#)

 

 

併用するビタミンC美容液が25%とかなり高濃度。
水を1滴も使っていないことからかなりとろみのある美容液ですので、肌につけると少し暖かいような温感がして心地よいですよ♪

 

 

但し、一切の添加物をシャットアウトした無添加化粧品のため、また、そもそもハイドロキノンは安定性の低い成分であり変質しやすいため、1カ月以内に使いきらなければなりません
消費期限を過ぎても使い続けていると、違う肌トラブルを招く可能性がありますので十分気をつけて下さいね(#^.^#)

 

シミを消したい 飲み薬なら「ロスミンローヤル」

そして、飲み薬によるインナーケアを活用して体の内側からシミを消したいならば、効き目の強さからいって、おすすめは断然、「ロスミンローヤル」です。

 

ロスミンローヤル

 

ロスミンローヤル

 

「ロスミンローヤル」は、テレビや雑誌でも度々取り上げられるほど注目されており、国内で唯一シミだけでなく小じわにも効果があるとされる医薬品です(*^^)v

 

 

医薬品は、本来サプリのカテゴリーには入らないものです。
当然、健康補助食品に位置付けられるサプリよりも高い効果が期待される内服薬となりますね(#^.^#)

 

なので、シミに対する即効性を求める方には「ロスミンローヤル」がおすすめです♪

 

シミが気になる年代は小じわも気になるもの。

 

どうせケアするなら一石二鳥で・・・というのが最大の魅力ですね(#^.^#)

 

関連ページ

シミ 消す サプリ|できてしまったシミを消すサプリはどれがおすすめ?
できてしまったシミを消す、そしてシミを作らせないためのサプリとしてどれがおすすめなのか?成分を比較しながらご紹介したいと思います。
シミを消す 尿素|ネットで話題の美肌水でシミは本当に消えるの?
シミを消す化粧品については、ハイドロキノンなど定番化粧品の他に、時々話題になるものが出ます。現在はそれが尿素。尿素配合の美肌水で本当にシミは消えるのでしょうか?
シミ対策 シミウス|ホワイトニングリフトケアジェルで美白しながらエイジングケア
メラニン抑制作用による予防美白と新陳代謝促進作用によるシミの除去が可能なホワイトニングリフトケアジェル「シミウス」で潤いあふれたシミ対策を行ないましょう♪
BIHAKUホワイトエッセンス 口コミ
美白成分として注目を集めるフラーレン。その中でもシミに対して効果的な水溶性フラーレンが高配合された「BIHAKUホワイトエッセンス」に関する情報をご紹介します!
エルシーノ 口コミ
厚労省の認可成分であり「美白の王様」といわれるアルブチンの2倍以上の効果を誇るダーマホワイト。このダーマホワイトが高配合された「エルシーノ」による美白を試してみました!
パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェル
スキンケアに時間をかけたくない人や肌に乗せる化粧品をできるだけ軽くしたい人におすすめのオールインワン。その一つで人気の高い「パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェル」をご紹介します!
美白 美容液
数ある美白化粧品の中でシミ改善とシミ予防2つの効果を持ち合わせた成分「進化型ビタミンC誘導体(APPS)」が配合された「APP-Cフラセラム」が、効果の高い美白美容液として評判です。
エバーピンク ホワイトセラム
肌トラブルの解消や体調不良の改善に漢方を用いる方はたくさんいらっしゃいますが、そういった方におすすめの美白美容液が、オールインワンタイプの「エバーピンク ホワイトセラム」です!
QuSomeホワイトクリーム1.9
できてしまったシミを薄くしたいならば、メラニンの漂白作用を持つハイドロイキノンが最も効果的。そのハイドロキノンが肌にやさしい濃度で配合されたビーグレンのナイトクリームをご紹介します!
エクイタンス ホワイトロジー
歯磨き粉で有名なサンスターの美白美容液「エクイタンス ホワイトロジー」には、メラニンをシミに変える酵素チロシナーゼを分解するリノレックSと、シミを淡色化するビタミンC誘導体が配合されています!
Psホワイトクリーム
日焼けによるシミ・ソバカスの予防はもちろん、肌の保湿や引き締め、肌荒れ予防も可能なオールインワンクリーム「Psホワイトクリーム」が、今多くのモデルや美容家のあいだで評判になっています!
メランホワイト
同じシミの中でもニキビによる炎症性色素沈着は、日焼けによるシミとは発生メカニズムが違うため一律の美白ケアではなかなか効果がでません。故に、ニキビシミに特化した専用クリームがおすすめ!
米肌 澄肌美白トライアルセット
医薬部外品成分として認可された唯一の保湿成分「ライスパワーNo.11」の保湿効果と、ビタミンC誘導体による美白効果が合わさったコーセーの通販限定シリーズ「米肌 澄肌美白シリーズ」をご紹介!
ニューピュアフコイダン
免疫力アップやがん予防に効果があるといわれるフコイダンは美容にも効果的!?紫外線によるしみ・くすみ・黒ずみ・ソバカスの原因であるメラニンの生成を抑制する働きがあるのです!