シミ 予防 サプリ

MENU

シミ 予防 サプリ|話題の飲む日焼け止めの効果は?

女性の約7割が気にして何かと対策をとるシミ。
でもシミ対策って、予防だけでもダメ、できてしまったシミを消すことだけでもダメ。
この両方をしないと、肌からシミはなくなっていかないんですよね(^^;)

 

なぜなら、顕在化しているシミの下には「シミ予備軍」と呼ばれるシミの種が密かに育っているから。

 

なので、シミを肌から消してしまいたいならば、ハイドロキノン化粧品でケアするだけでなく、UV対策のインナーケアも同時に行なわなければなりません
これができて初めて、将来美しい透明感のある美白肌が手に入るんですね(#^.^#)

 

シミ予防の紫外線対策はすでに始まっている!

「紫外線が強いのは春から夏にかけてだから、ケアはそのときでOKでしょ?」という方がいまだに結構いらっしゃいますが、紫外線は年中地球に降り注いでいます(>_<)

 

 

ちょっとご参考に下のグラフを見て頂きたいのですが・・・

 

紫外線量

出典:気象庁

 

確かに、11月、12月、1月は紫外線量が減ってはいるものの、ないわけではなく、当然紫外線を浴びれば冬だろうとダメージは肌に残ってしまうのです。

 

しかも、紫外線ダメージ・・・特に、肌に深刻な老化をもたらすUVA波の影響はすぐには顕在化しません。
肌の深いところでシミ予備軍を作り、またコラーゲンを破壊し、活性酸素を大量に発生させ、徐々に、しかし確実に老化をもたらしてくるのです(>_<)

 

 

だからこそ、紫外線対策は油断することなく、年中行わなければなりません。
それは季節にかかわらず、そしてお天気にかかわらず、常に紫外線は意識してシャットアウトしておかなければならないのです(^^;)

 

シミ予防には飲む日焼け止めがイイ!

では、どうやって紫外線対策を行なうかなのですが・・・
シミ予防のUV対策といえば、帽子や日傘、サングラス、フェイスマスクといったアイテムを使用しますが、まず基本となるのが日焼け止めですよね( `ー´)ノ

 

josei

 

ひと口に日焼け止めといっても、SPF値やPA値の強弱で様々なレベルのものがありますし、テクスチャーのタイプでもジェルやクリーム、乳液、ローションなどいろいろです。
これらをシーンや肌質に応じて使い分けることによって、私たちは紫外線をできるだけシャットアウトしているわけですが、実はこうした塗る日焼け止めにはUV対策効果に限界があるのです(>_<)

 

  • 日焼け止めの塗り残しや塗れない部分ができるとそこが日焼けしてしまう
  • 効果が薄れないように1日に何度も塗り直しをしないと行けないのが面倒
  • 日焼け止に含まれる成分が肌に負担となる
  • 一年中毎日使用するとコストがかさむ

 

これらのことは、どれだけ気をつけていても出てくる問題(>_<)
つまり、日焼け止めだけで完璧にシミ対策を行なうことは難しいのです!

 

 

そこで近年、次第に注目されるようになってきたのが「飲む日焼け止め」です( `ー´)ノ
サプリメントを飲むことによるインナーケアで紫外線対策を行なおうというものですね。

 

サプリ

 

josei

 

では、なぜサプリメントによるインナーケアがイイのでしょうか?
・・・それは、先にあげた塗る日焼け止めのデメリット面を補完する効果があるからなのです。

 

◎飲む日焼け止で行なうシミ対策のメリット

 

  1. 内服によるインナーケアなので塗り残しや塗り忘れの心配がない
  2. 効き目の持続時間が比較的長いので塗り直しをする必要がない
  3. 塗る日焼け止めではケアできない髪や瞳のUV対策もできる
  4. 刺激性の成分で肌に負担をかけることがない
  5. 1日1〜2粒を服用するだけの簡単ケアで済む
  6. 定期購入すればコストが抑えられる

 

こう見ると、サプリを飲むというお手軽なケアの割にメリットが大きいのがわかりますよね。

 

 

もちろん、飲む日焼け止めだけで紫外線対策はバッチリ!というわけではありません。
強い日差しの下で長時間過ごすならば、肌に日焼け止めを塗る必要がありますし、効き目の持続時間が長めとはいっても追加で飲む必要は出てきます。

 

ただ、塗る日焼け止めでは十分にできなかったシミ対策を補ってくれる効果があるのは明らかです。

 

つまり、飲む日焼け止めを活用すれば、今以上に完璧な紫外線対策=シミ対策が可能になるということなのです(*^^)v

 

飲む日焼け止めのおすすめはどれ?

では、そんな飲む日焼け止めは何を選べばよいのでしょうか?

 

飲む日焼け止めとして話題になっている「ヘリオケア」「noUV」「ホワイトヴェール」「ポルク」「雪肌ドロップ」で比較してみたいと思います。

 

 

まず、これらのうち海外製のサプリであるのは「ヘリオケア」

 

 

美容クリニックで販売されていたり、さんまの「ホンマでっかTV!」で紹介されたり、一番最初に注目された飲む日焼け止めサプリでしたが、国産でない点で個人的にはあまりおすすめしたくないサプリになります。

 

というのも、ダイエットサプリにしても同じことが言えますが、海外製のサプリは、日本人の肌や体には強すぎる場合が多々あります。
成分も基準が異なるため、日本では認可されていないものが使われていることもしばしば。

 

安全性や日本人に合うかどうかで疑問を感じる部分があり過ぎますので、あまり飲みたくないし他の方へおすすめもしたくないというのが本音です(^^;)

 

 

次に、残りの4つに関して日焼け止め効果の肝となる主成分に着目してみてみると、「noUV」だけがPLエキス(ポリポディウム リュコトモス)というこ異なる成分ということになります。
これは、「ヘリオケア」と同じシダ植物から抽出される成分ですね。

 

 

 

あとの「ホワイトヴェール」「ポルク」「雪肌ドロップ」はニュートロックスサンという地中海産のシトラス果実とローズマリーから抽出された新成分が主成分です。

 

このためか、「uoUV」だけ効果の持続時間が他の半分(約2時間)となっています。
これはあまりにも短すぎるため、効果の持続時間を延ばすためには何度も追加で飲まなければならず、ちょっとコスパもかさむことになりそうですね。。。

 

 

「noUV」は東京イセアクリニックの監修で作られた国産サプリだけにファンも多いのですが、上記の点で少し他のサプリに及ばないかなという印象です(#^.^#)

 

シミ予防サプリ 一番のおすすめは「ポルク」

故に、同じ「ニュートロックスサン」を主成分とする国産サプリ3つで以後は比較してみたいと思います。

 

  ホワイトヴェール ポルク 雪肌ドロップ
サプリの形状 小粒な錠剤 カプセル カプセル
その他の成分

ザクロエキス
メロンプラセンタ
ルティンク
ロセチン
ミネラル
リコピン

ビタミン
ミネラル
クロセチン
ルティン
ザクロエキス
リコピン
フィッシュコラーゲン
ACGコンプレックス

カロテノイド
システイン
有酵母
ビタミン
ミネラル
コラーゲンペプチド
アセチルグルコサミン
ザクロエキス
植物プラセンタ
リコピン
アルブチン
マリーゴールドエキス

1日当たりの摂取量 2粒 2〜5粒 2カプセル
コスパ(定期購入)

4回の継続が条件
初回980円
2回目以降4,980円
5回目以降3,980円

いつでも休止・解約OK
ずっと6,980円

6回の継続が条件
初回500円
2回目以降6,480円

 

このように比較してみると、配合成分とコスパから一番のおすすめは「ポルク」と言えます(#^.^#)

 

ポルク

 

ポルク

 

この「ポルク」は、多くのモデルさんやタレントさんがインスタグラムで紹介しているサプリで、芸能人にも愛飲者が多いです(#^.^#)

 

それだけ効果が口コミで広がったということですが、他の日焼け止めにはない独自成分ACGコンプレックスが配合されている点が最大のおすすめポイントですね。

 

ACGコンプレックスとは、アンチエイジング・美肌に効果のある成分を効率よく体に吸収させるために作られた食品有効成分複合体で、毛穴のたるみ・シワ・シミを防ぐように作られています。
つまり、シミだけでなく、併せてしわとたるみのケアもできるということなのです(*^^)v

 

 

そして、定期購入の継続条件が付いていないのが良心的でイイですね(^^♪
初回の割引こそありませんが、続けたいだけ続けることができ、やめたいときには自由にやめることができるので気が楽です。

 

軽く試してみるということもできますので、これから本格化するシミ予防の必須アイテムとしてぜひチェックしてみて下さいね!

 

すでにシミ予防のインナーケアはスタートしていますよ♪

 

 

button

飲む日焼け止めとして話題のイチオシサプリはコレ!

 

ニュートロックスサン配合!飲む日焼け止めサプリ「P.O.L.C.(ポルク)」

 

飲む日焼け止めサプリP.O.L.C.(ポルク)

 

 

関連ページ

シミ 種類|シミの種類とそれぞれの対処方法についてご紹介します。
ひと口に「シミ」といっても、実はそこには老人性色素斑や肝斑、ソバカス、炎症後色素沈着など様々な種類があり、それぞれの対処方法は微妙に異なるのです。
シミ 原因|目元をはじめ、腕や手の甲にもできてしまうシミの原因とは何でしょう?
目元をはじめとする顔や腕、手等いたるところにできてしまうシミの原因およびメカニズムについてまとめています。
シミ 妊娠中|妊娠中にシミができやすい原因は?そしてその対策とは?
シミにも老人性色素斑、ソバカス、肝斑等の種類がありますので、それぞれができる原因と消す方法について詳しくご紹介します!
シミ 赤い|赤いシミの中に癌の前兆といわれる問題のあるものが!!
通常のシミは茶色いものですが、時々赤いシミも見られます。この赤いシミの中には癌の前兆にあたる重要なものもありますので注意が必要です!
シミ かゆみ|かゆみを伴うシミって一体なに?
特に年齢肌に発生するかゆみを伴うシミ。かゆいときには掻いてもいいの?その正体は?そして対処方法は?
シミを消す エステ|エステサロンの美白コースを活用してシミを消す!
日焼けによる老人性色素斑や肝斑、くすみなどが気になった場合は、エステの美白コースを受けることによって解消される場合もあります♪
肝斑 治療|頬骨あたりに左右対称に浮き出る肝斑はどう治療する?
日焼けによるシミとはその形状も原因も異なる肝斑は、どのように治療するのがよいのでしょうか?最新の治療方法についてご紹介したいと思います。
シミ 毛細血管
シミをつくる原因は、紫外線や摩擦によるダメージ、ホルモンバランスだけではなく、実は身体中に張り巡らされている毛細血管が不健康なことにもよるのです。