シミ 種類と原因

MENU

シミ情報記事一覧

 

肌に変色した部分が生じている状態を私たちは「シミ」と呼びますが、実はそのシミの中にもさまざまな種類があります。それは変色している色や形状だけでなく、発生場所も原因も異なるもの。ということは、それらシミを薄くする、若しくは消すための対処方法(治療方法)もそれぞれ異なって当然ではないでしょうか?「気になるシミは消したい」という思いは共通ですが、本気で消そうと思うならば、それぞれのシミの違いを理解し、効...

 
 

目元や頬などに浮き出てくるシミ。女性が最も気にする部分である顔だけではなく、よく見ると腕や手の甲などいたるところにできてしまいますね(^^;)年齢を重ねた証拠とも考えられがちですが、シミは意外と若い人にも、そして子供にもできてしまうものなのです。。。シミはどうしてできるのでしょうか?その原因とメカニズムについてまとめてみました(*^-^*)シミができる原因とは?シミといえば、目元をはじめ頬骨あたり...

 
 

妊娠中、気が付いたら体のあちこちにシミができていたり、脇やビキニラインに黒ずみができていたりしてびっくりする(゚д゚)!・・・なんていうお話を聞いたことはないでしょうか?実はこれって、「妊娠あるある」の一つ。この問題で悩まれた方も多くいらっしゃると思います。そういう私も、そのうちの一人(^^;)私の場合は、気が付いたら脇の下が黒くなっていて、ものすごくびっくりしましたし、焦りました!でも、それは私...

 
 

紫外線を浴びたことによる日焼けのシミや、スキンケアなどで摩擦によってできてしまったシミ・・・これらは通常、茶色いものが多いのですが、よく見てみると赤っぽいシミが含まれていることがあります。茶色なのか赤色なのか、微妙なシミもたくさんあるのですが、「これは赤いんじゃないかな」と思ったら要注意!!皮膚がんの前兆といわれる危険な場合があるので、見過ごすことはできないのです(゚д゚)!皮膚がんの初期症状でも...

 
 

ひと口にシミとはいっても、シミ 種類でご紹介しているように、老人性色素斑、そばかす、肝斑、炎症後(炎症性)色素斑などそこには様々なものがあります。そして、シミができる原因からシミの形状、ベストな改善方法まで、それぞれ微妙に異なるんですよね(#^.^#)ただ、普通はシミはシミとしてそこに存在するだけで、特に痛みやかゆみが伴うことはありません。なのに、珍しくかゆみを伴ういシミがあるんです。それは、脂漏...

 
 

私たちの肌は、常にある程度の紫外線を浴びたり、微妙に変化するホルモンバランスの中で生活しているため、時には急にシミが濃くなったり、肝斑が浮き出てきたり、肌がくすんでしまったりすることがあります。そうなった場合、気になるシミやくすみに対して、一般的には、こちらで述べているように、次のような3種類の方法から選択して何とか解消しようと試みますよね。◎シミを消す方法メラニンを漂白還元する美白成分が配合され...

 
 

女性の約7割が気にして何かと対策をとるシミ。でもシミ対策って、予防だけでもダメ、できてしまったシミを消すことだけでもダメ。この両方をしないと、肌からシミはなくなっていかないんですよね(^^;)なぜなら、顕在化しているシミの下には「シミ予備軍」と呼ばれるシミの種が密かに育っているから。なので、シミを肌から消してしまいたいならば、ハイドロキノン化粧品でケアするだけでなく、UV対策のインナーケアも同時に...

 
 

女性に浮き出てくるシミは、実は厳密にみるとさまざまな種類があります。主なものをあげてみると、老人性色素斑(日焼けジミ)、ソバカス、肝斑、炎症性色素沈着が主なところでしょうか(^^;)これらのシミは、あらわれてくる症状や原因が微妙に異なるため、当然効果的といわれる治療方法にも違いがあります。バチッと合致していない治療方法を行なってしまったならば、せっかくお金と時間をかけても効果が全く感じられなかった...

 
 

シミがあるのとないのとでは、相手に感じさせる年齢に大きな開きが出てしまいます(>_そのくらいシミは私たちを老けさせてしまうもの。いつまでも若く美しくいたいならば、シミがあるなら何としても消さなければなりませんし、これからもシミを作らないように気をつけなければなりません。そんなシミは、こちらでご紹介しているように、紫外線や摩擦などのダメージを受けた場合やホルモンバランスの影響を受けた場合に発生してし...