シミレーザー

MENU

シミレーザー|最新のシミレーザー治療とは?

美白化粧品やハイドロキノンクリームといった外用薬で消すことのできなかった根深いシミ、ソバカス、肝斑、生まれつきの黒子や痣、さらには入れてしまって後悔しているタトゥーやケロイド状の傷跡・・・こういったものを消すことができるのが、レーザー治療です。

 

これだけの効果があるために、かつては数百万円もしていた治療方法なのですが、現在は技術力の進歩と需要と供給のバランスなどから格段に値段は下がり、一般人の私たちにも十分手の届くものとなっています。

 

わずかこの10年の間にもかなりの進化を遂げているんですよ(゚д゚)!

 

 

それでも、やっぱりちょっと敷居が高い感じでわからないことがいっぱい!
受けてみたいけど、どんな感じなのかな?いくらくらいかかるのかな?怖い治療方法ではないのかな?などと疑問に思うことがたくさんあるのです(>_<)

 

シミレーザー

 

そこで、私自身も体験してきたシミ取りレーザーについて、治療の経過や効果、費用などについて、多くの人が疑問に思っている情報をまとめてみたいと思います(*^-^*)

 

シミ取りレーザーってどんな治療方法なの?

治療に用いられるレーザーといえば、脱毛を思い浮かべる人が多いと思いますが、基本的な仕組みとしてはすべて同じものと考えることができます。

 

ただ、「レーザー」と一口に言っても、短い波長から長い波長までそれぞれに反応する色素はさまざまであり、そういった波長の種類と照射時間の長さによって治療を使い分けているのがレーザー治療です。

 

シミレーザー

 

例えば、585や595nmといった短い波長はヘモグロビンなどの赤い色素の反応するため血管腫や赤ら顔の治療に使われますし、メラニン色素に反応するルビーレーザー(波長694nm)やアレキサンドライトレーザー(波長755nm)、ヤグレーザー(波長532nm、1064nm)は、シミや痣、肝斑などの治療と脱毛に使用されています。

 

また同じくメラニン色素に反応するダイオードレーザー(波長800nm)は、脱毛に使用されていますね。

 

 

いずれにしても、レーザー治療は、レーザーの持つ熱エネルギーによって色素を破壊することで効果を上げている治療方法なのです。

シミレーザー

 

一般的には、Qスイッチルビーレーザーによる強力なシミ治療が多く、照射した部分はやがてかさぶたになり、剥がれ落ちて新たなシミのない皮膚が形成されるというものです。

 

 

しかし、これは肝斑に対しては逆に悪化を招く不向きなレーザーとされているので、肝斑にはフォトシルクプラスやQスイッチヤグレーザーによるレーザートーニングが行なわれます。

 

 

特に、これまでレーザー治療ができないといわれていた肝斑に効果を発揮する新しい治療方法として、メドライトC6という新しい治療方法が登場しています。

 

レーザー治療専門医院であるシロノクリニックなどでは、もちろんこれが採用されているので、より安全で確実な肝斑治療が可能となっていますね。

 

>>>レーザー治療専門の美容皮膚科シロノクリニック

 

シミレーザーは痛いの?

「医療レーザーは痛いもの」という印象が広く浸透していますが、これは一部正しくて、一部正しくありません。

 

というのも、痛みとレーザーの出力は比例の関係にあり、パワーの弱いフォトシルクプラスやレーザートーニングにはそれほどの痛みは伴いませんが、強力なシミ治療であるQスイッチルビーレーザーの照射にはやはり痛みは伴うのです(^^;)

 

それくらい強力な照射を行なうからメラニン色素が破壊され、根深いシミも濃い痣も消すことができるんですよね。

 

 

ただ、シミは消したいけれど痛みが苦手・・・という人もいらっしゃいますよね。
そういう方は、別料金にはなりますが、麻酔を使用してもらって下さい。
そうすれば大丈夫ですよ♪

 

シミレーザーの料金はいくらかかるの?

シミレーザー

かつては数百万円かかっていたといわれるシミ治療も、現在ではその10分の1程度に値段が下がってきています。

 

それでも一般人の私たち、特に主婦である私のようなものには「まだ高額な治療だな」という印象をもってしまいますね(>_<)

 

 

例として、数々の実績を誇るレーザー治療の第一人者的専門医院「シロノクリニック」の料金表から抜粋すると、こんな感じです。

 

レーザーの種類

料金

Qスイッチルビーレーザー

シミ   直径5o以内5,000円
ソバカス 直径3o以内3,000円

炭酸ガスレーザー 20,000円
フォトシルクプラス 40,000円〜(1照射2,500円〜)
アキュチップ 1照射2,500円
Qスイッチヤグレーザー(メドライトC6) 40,000円〜

 

一般的なシミ治療の場合は、Qスイッチルビーレーザーを使用するということですので、ご自身のシミがどの程度存在するかによって治療にかかる費用は変わってきます。

 

シミ面積が1平方センチメートルであれば、1回20,000円、両側にあれば40,000円ということですね。
そう、シミ治療は結構コストがかかるものなのです(>_<)

 

シミレーザー

 

しかし、顔に浮き出ているシミは、ファンデーションでいくら隠せたとしても結構なストレスですし、スッピンになったときの顔には本当に幻滅するものです。。。

 

「歳だから」と諦めて気にならないのであれば、それはそれでいいのですが、やっぱり女性である以上、素顔の自分に自信が持てないのは精神衛生上よくないんですよね(^^;)
スピリチュアルな表現をすると、「セルフイメージがよくない」といったところでしょうか。

 

シミレーザー

私にはそれが耐えられなくて「えい、自己投資だ!」とばかりに治療を決心しました!

 

まだ6回コースの治療を終えていないので結果は出ていませんが、改善の兆しは見えているのでウキウキしています♪
(高いお金をかけているのですから、それなりの効果を期待しちゃいますよねww)

 

 

こういう前向きな考えこそが欲しかったものかもしれないので、あくまでも今のところではありますが、「治療に踏み切ってよかった」と思っています(#^.^#)

 

シミレーザー 肝心の治療経過と効果は?

私たち女性が最も気になるのは、治療中はどのような経過をたどり、ダウンタイムはどの程度あるのか?といったこと、そして最終的な効果ですよね。

 

 

まず、Qスイッチルビーレーザーによる一般的なシミ治療の場合は、やはり強力な照射となるので、照射後は肌色の創傷保護テープを貼って患部をカバーし、乾燥しないよう湿潤環境をつくることになります。

 

かつては大げさな絆創膏・・・という形がとられることが多かったようですが、最近では肌色をした目立たない保護テープが使われることが多いですね。

 

 

クリニックによっては、軟膏を塗られるだけというところもあるようですが、後々に炎症性色素沈着などの肌トラブルを起こさないためには念入りのアフターケアをしてくれるクリニックをおすすめしたいと思います。

 

シミレーザー

この施術後のケアをしっかりしておかなければ、せっかくレーザー照射したシミが取れても、あとから新たな炎症性色素沈着のシミができてしまい意味がないですよね(>_<)

 

 

場合によっては、クリニックから帰る際に「お化粧してはいけません」といわれるかもしれませんが、これはぜひ医師の指示に従うようにしてください。
キレイになるためですから・・・

 

大きめのマスクをすれば、十分隠せますので大丈夫ですよ!(実は私もそうやって帰りましたww)

 

 

こうして我慢をすると、次のような感じでシミは取れることになります♪

 

シミレーザー

 

 

因みに、フォトシルクやレーザートーニングなどQスイッチヤグレーザーを使用したマイルドな照射の場合には、保護テープは必要なく、治療の帰りもお化粧して帰れますので、ダウンタイムらしきものは特にないですね。

 

 

但し、いずれの施術にしても、術後は肌がとてもデリケートな状態になっていることに違いはありませんので、クリニックの指示に従って炎症を抑える軟膏など処方された外用薬はきちんとつけ、外出時には日焼け止めを必ず使用するなど細心の注意を払う必要があります。

 

レーザーを照射したことに安心して雑に施術後を過ごすと後悔することになるんですよね。。。

 

 

なので、せっかくシミ取りレーザーの治療を受けることにしたならば、「アフターケアまでも気を抜かないようきっちりやり切る」を心がけるようになさってくださいね(*^-^*)

 

 

 

因みに、この施術後のケア時に使用する日焼け止め兼ファンデーションとしておすすめなのが、「薬用マキアレイベル」です♪

 

シミレーザー

 

特に美容液ファンデーションの方(写真右側)は、日焼け止め・ファンデーション・美容液・美白・パック作用・・・と1本で5役をこなしてくれる優れものです。

 

乾燥肌・敏感肌の人には「神ファンデ」と評判の逸品で、肌に負担をかけたくない時には最適ですよ(*^-^*)
ご参考までにご紹介させて頂きますねw

 

プレストパウダー

 

写真の手の甲は、美容液ファンデとプレストパウダーを両方つけたところです。

 

美容液ファンデだけでもキメ細かい肌になりますが、個人的にはプレストパウダーを重ねた方がよりナチュラルで、見た感じにも気持ちよさそうな肌になるので好きなんです♪

 

皮脂のテカリを抑えたい人にもおすすめですよ(#^.^#)

 

>>>美容液成分62%の神ファンデ「薬用マキアレイベル」はこちら

関連ページ

シミ レーザー 値段|シミをとるレーザー治療にかかるお値段はいくらくらいが相場なの?
Qスイッチルビーレーザー、ヤグレーザー、フォトフェイシャル、レーザートーニングなどシミをとるレーザー治療はいくらくらいのお値段がかかるのでしょうか?
シミ レーザー 経過|シロノクリニックで行なっているシミ治療の経過報告です
日焼けによるシミと肝斑が目立つことから、レーザー治療専門医院の「シロノクリニック」で治療を行なっていますが、その経過報告を随時させて頂きたいと思います。
シミ レーザー かさぶた|照射後にできるといわれているかさぶたに関する情報です
シミ取りのためにレーザーを照射してもらうとかさぶたができ、それが剥がれた後にキレイな肌ができているものなのですが、保護テープやかさぶたの扱いはどのようにしたらいいのでしょうか?
シミレーザー 時期|シミ取りのレーザー治療を受けるなら時期を選ぼう
Qスイッチルビーレーザー、ヤグレーザー、フォトフェイシャル、レーザートーニングなどシミ取りレーザーによる治療を受けるならば時期を選んだ方がいい!その理由についてご紹介します♪